ZAPの雑記帳

月商300万円のネットショップオーナー・元ベンチャー企業幹部などさまざまな経験を持つ管理人がネットショップ、就職、転職などについて思うことをまとめています。

ネットショップ雑談 運用改善

ネットショップ運営には専用口座、カード、財布の用意を

2016/12/20

ネットショップ専用の財布、口座、カードを用意しましょう

ネットショップに限ったことではないのですが、これから事業をしようとする人は専用の口座、カード、財布を用意しましょう。特にネットショップは現金の出し入れやカード決済が多いので専用口座、カード、財布は必須です。



ネットショップ運営に専用口座、カード、財布は必須

ネットショップは現金の出し入れが多く、かつカード決済をすることが多くなります。生活費と一緒にしてしまうと思わぬところでお金が不足するといったことが発生します。

商品を仕入れて、売って、現金化するまでにはタイムラグが発生

まず、商品の仕入れ段階で仕入れ代金として支払いをすることになります。つまり現金としては商品が売れるまではマイナス状態となります。

また、入金についても売れればすぐに入金されるわけではなく、クレジット決済や後払い決済の入金は、1~2か月後となります。

 

商品を仕入れてから最低でも3か月はお金に変わらない

つまり仕入れてすぐに売れても、3か月程度のタイムラグが発生することになります。 そうなると儲かっているのかどうかよくわからなくなってしまいます。 さらに、口座を生活用の口座と一緒にしているとますますわからなくなってしまいます。

もちろんさまざまな仕入れ方法や入金サイクルがありますので、一概には言えませんが、どのような方法にしてもある程度の時間がかかります。

 

事業主借、事業主貸は明確にしておこう

ネットショップに限らず、支払いに必要なお金を生活に使ってしまい黒字倒産や資金繰りの悪化ということがままあります。

事業主が事業からお金を借りたり、貸したりすることを会計上、事業主借、事業主貸と言います。事業上、どうしてもお金を移動しないといけないケースがありますので、そのお金の流れははっきりさせておきましょう。

ちなみに、私の場合には、基本的、事業用の口座は生活口座とはわけ、基本的に1年間は生活費としては使わないようにしています。

 

ネット広告などカード決済が増えるのでお得なカード選びを

Google Adwordsなどネット広告は基本的にカード決済となります。年間に数百万円使うことになりますので、ポイントなどがお得なカードを選びましょう。

できれば、商品仕入れや資材購入などもカード決済にすることでカードの特典がすごいことになります。また、限度額を高い方が良いので、ゴールドカードやプラチナカードなども検討に入れた方がよいです。

ちなみに専用口座、カードと言っても、個人事業の場合には名義は個人になりますので、利用する上で用途を分けておくという形になります。

 

副業であれば、事業利益を拡大に投資し続ける

冒頭に、お金の流れにはタイムラグがあると言いましたとおり、売上が拡大中には、どうしても仕入れ代金の支払いなどが多くなり、場合によってはマイナスということもあります。

これが、売上がある程度平準化してくると、お金が増えるはずです。(増えなければ儲かってないということですね。。。)

副業で事業収入を生活に使う必要がなければ、どんどん投資をして拡大をさせていきましょう。その点でも口座等を分けておくことで投資可能な金額が明確になります。

 

クレジットカードは還元率も大事だけどネットショップ経営の場合には限度額も大事



ネットショップを運営しているとカード決済で処理をすることが多くなります。サーバー代などは支払額は月々数千円ですが、Google adwords や Yahoo!プロモーション広告などを利用しだすと利用額が大きく増えます。

少し話はそれますが、広告代を増やせば増やした分だけ売上・利益が増える状態になれば安心して経営できます。SEOの順位が変動したり、何かしらの理由で集客ルートが断たれたときには広告を増やせば売上・利益を維持できることになります。

そのような状態になると、月々の決済額が何十万円となります。当然、還元ポイントも非常に大きくなりますので、還元率は非常に重要です。一方で、クレジットカードの限度額は月々ではなく未払いの総額になりますので、100万円ぐらいの限度額では限度額を超えてしまって広告を出せないということも出てきます。

そういう意味では、限度額が大きくなるクレジットカードの利用も考えた方がよいです。例えば、三井住友VISAカードなどでは、ネットショップの決済などで利用額が大きくなるとプラチナカードが持てるようになります。プラチナカードになると限度額が500万円くらいになりますので、限度額の心配はなくなります。プラチナカードの場合には、利用額の1%がポイントとなり、0.5%が商品券になります。加えて、ディナーで1万円~2万円ほどの高級店のクーポン(2名で食事して1名分の支払いで良いクーポンなど)などがもらえますので、接待などに使うと有効です。

三井住友VASAカードの公式サイトはこちら

koshiki_light_green

 

この記事を読んだ人が関心のある記事

>>ネットショップの会計ソフトは freee がおススメ

当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ

-ネットショップ雑談, 運用改善
-

おすすめ記事

コワーキングスペースで仕事をしてみる 1
自宅作業は孤独すぎるので、コワーキングスペースで仕事をしてみた。

私は自宅でネットショップを運営しています。昨年までは商品の在庫も自宅に保管をして ...

倉庫会社の配送代行に委託する 2
発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷 ...

ネットショップも多店舗展開 3
ネットショップも多店舗展開で売上アップが基本

ネットショップの売上アップには、さまざまな方法があります。商品数の増加、広告費の ...

研修、勉強会が多い会社は要注意かも 4
転職者が希望する研修・勉強会が充実という会社は要注意?

会社において若い人が辞める理由の一つに実務やOFF-JTばかりで研修・勉強会がな ...

大手、有名企業に行けば幸せなのか 5
大手企業、有名企業に行ったからと言って幸せかどうかはわからない。

暇つぶしにネットでまとめサイトをみているとこんなまとめがありました。 大手にいっ ...