ZAPの雑記帳

月商300万円のネットショップオーナー・元ベンチャー企業幹部などさまざまな経験を持つ管理人がネットショップ、就職、転職などについて思うことをまとめています。

ネットショップへの集客 ネットショップ開業関連

ネットショップも多店舗展開で売上アップが基本

2016/12/20

ネットショップも多店舗展開

ネットショップの売上アップには、さまざまな方法があります。商品数の増加、広告費のアップ、メルマガ etc 最初は、力を入れれば入れるほど売上が上がっていきますが、どこかで売上があがりにくい状況がでてきます。

実店舗の場合には、目に見えてキャパシティの問題などで売上の限界が見えますが、ネットショップはその点が少しわかりにくいです。実店舗の場合には、さらなる売上アップには店舗を増やすか売り場面積の拡大を検討することが多いでしょう。



ネットショップも多店舗展開が売上アップの有効な手段

ネットショップの場合にも多店舗展開が売上アップの有効な手段の一つです。

どれだかネットショップを工夫、改善したりプロモーションをしてもすべての潜在顧客にアプローチすることは難しいです。

なぜなら、ネットショップの場合には、○○でしか買わないという層がいるから

例えば、楽天ポイントを集めているから楽天でしか買わないとか、逆に楽天は嫌いだから楽天では買わないとかそういう人がいるわけです。

ですので、多店舗展開することで新しい顧客の取り込みの可能性があります。

 

ネットショップの多店舗展開の大きな2つの方向性

ネットショップの多店舗展開には大きく2つの方向性があります。

 

出店するモールを増やす

1つ目の方法は出店するモールを増やすという方法です。各モールには顧客がついていますので、その顧客に対してアプローチすることができるようになります。

現時点は、3つのモールが有効な可能性があります。どのモールが良いかということは商品によって異なりますので、一概には言えません。楽天やDeNAショッピングの場合には出店契約期間はお金が発生しますので、同じ取り扱いジャンルの状況をよく見極めて判断をする必要があります。

○楽天

言わずとしれた楽天です。最近では、撤退するショップも多く、システム利用料、手数料が高く利益に繋がらないという評判もありますが、日本最大級のモールだけあり、大きな売上を出しているネットショップも多くあります。楽天に関する知識が無い人は資料請求してみてはいかがでしょうか。一度、資料請求をしておくと、楽天から出店キャンペーンなどお得なタイミングでの出店の案内が届くこともあります。



○Yahoo!ショッピング

無料で出店できるようになったことで、出店を開始した人が多いようです。ただ、出店自体は無料でも売れるためには、広告等の出稿が必要となり、結構、お金がかかるようです。

○DeNAショッピング

楽天、Yahoo!ショッピングには劣りますが、DeNAショッピングはAUモールなどと連携しているのでスマホ・携帯からの購入者が見込める商品の場合には有効なモールの可能性があります。

 

独自ドメインのオリジナルショップを増やす

カラーミーショップなどの独自ドメインを使ったショップを新たに構築するという方法です。カラーミーショップなどでは1か月の無料期間があるので、試しに作ってみて効果を見るということもできます。(1か月では大きく売り上げがあがることは難しいので、アクセス数などから将来を予測して判断しないといけません。)

ただし、この方法の場合には注意点があります。

コピーサイトを作ってはいけません

同じようなサイトを2つ作っても意味はありません。特にSEO的には意味がありません。ですので、ターゲットを変えたネットショップを作る必要があります。

多店舗展開の方向性

・個人客ではなく法人客などの大量購入に向けた店舗

商品のまとめ購入する場合には安くなるような形にしたり、会員制にして卸サイトとするという方法があります。

・特定ジャンルだけに特化するような店舗

例えば、これまでファッション全般のショップだった場合に、帽子だけのサイトや女性向け商品だけにするなどして特化させるといった方法です。

・扱い商品、金額は同じだけどもターゲットを大きく変える

サイトのイメージや商品説明を大きく変えて違うターゲットを狙う方法です。

 

独自ドメインのネットショップを増やすならカラーミーショップで


独自ドメインでのネットショップを増やすことを考える場合にはカラーミーショップをおススメします。カラーミーショップは日本で一番出店数の多いネットショップASPですから1店舗は持っておいた方が良いです。大きな売上は見込めませんが、カラーミーショップ運営のモールもあり、お店の認知を増やしてくれます。

カラーミーショップの公式サイトはこちらから

koshiki_light_green

 

在庫はネクストエンジンなどの在庫連携ツールを活用する

多店舗展開をした場合に問題となるのは、在庫です。どこかのショップで売れると他のショップの在庫も減らしておかないと売切れになっている商品が売れたりしてしまいます。

そういったことを防ぐことができるのが在庫連携ツールです。

在庫連携ツールとして一番のおススメはネクストエンジンです。

logo

ネクストエンジンには別の機会に詳細を紹介させていただきますが、在庫連携ツールは一度導入すると変更が非常に手間です。ネクストエンジンは在庫連携ツールとしては一番多く使われており、倉庫会社、物流会社などでも使われていますので、おススメです。

 

この記事を読んだ人が関心がある記事

>>発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減

>>ネットショップの売上アップにはネクストエンジン導入

>>どこでもカラーミーとWordPressでネットショップの売上アップ

当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ

-ネットショップへの集客, ネットショップ開業関連
-, ,

おすすめ記事

コワーキングスペースで仕事をしてみる 1
自宅作業は孤独すぎるので、コワーキングスペースで仕事をしてみた。

私は自宅でネットショップを運営しています。昨年までは商品の在庫も自宅に保管をして ...

倉庫会社の配送代行に委託する 2
発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷 ...

ネットショップも多店舗展開 3
ネットショップも多店舗展開で売上アップが基本

ネットショップの売上アップには、さまざまな方法があります。商品数の増加、広告費の ...

研修、勉強会が多い会社は要注意かも 4
転職者が希望する研修・勉強会が充実という会社は要注意?

会社において若い人が辞める理由の一つに実務やOFF-JTばかりで研修・勉強会がな ...

大手、有名企業に行けば幸せなのか 5
大手企業、有名企業に行ったからと言って幸せかどうかはわからない。

暇つぶしにネットでまとめサイトをみているとこんなまとめがありました。 大手にいっ ...