ZAPの雑記帳

月商300万円のネットショップオーナー・元ベンチャー企業幹部などさまざまな経験を持つ管理人がネットショップ、就職、転職などについて思うことをまとめています。

就職・転職・出世コラム

マネジメントのコツは「コミット」させ「委任」させること

2016/12/20

「コミット」させ「委任」させることがマネジメント

「名選手、名監督にあらず」と言いますが、プレイヤーとして動くのとマネジメントするのでは必要とされるスキルが異なります。私もマネジメント側になってから悩みました。



「コミット」させ「委任」させることができればマネジメントはうまくいく

マネジメントがうまくいかない人を見ていると、「命令」「強制」「無視」みたいな単語がすぐにイメージできてしまいます。

 

どれだけコミットさせ、任せることができるかどうかがマネージャーの力量

基本的には、相手に「コミット」させるべきです。もうちょっとわかりやすく言えば、「約束」させればいい。あとは「約束」したことをするように任せてしまえばよいのだと思う。

ここで難しいのは、「コミット」する内容の高さだと思う。できるだけ高いレベルの内容を「コミット」しなければ、うまくいったとしても大して成果があがらないし、意味も無いです。

「コミット」させれば、あとは「委任」というか「じゃ、任せたね~」と言っちゃえばいいと思う。
ここまでは、できてる人も多いです。ですが、

この後が難しい。

「放置」したらダメだけど、「手を貸す」のもダメという微妙な距離感が必要。

様子を見たり声をかけたりは必要なんだけども、相手が何も言わないのに、失敗しそうだからって手を貸すのもダメ。失敗させて、なぜ報告しなかったのかをきちんと怒る機会を持つことも必要になります。

 

部下が失敗したときにはマネージャーが責任を持つという姿勢が大事

そのためには、失敗したときに、上司が責任を取るとか、頭を下げることも重要になってきます。となると、上司のさらに上の上司にもその度量が必要となってきます。結果的に、会社内でもうまくいっているマネジメントラインとそうではないマネジメントラインができてしまうケースもあります。

 

「目標」の強要はだめ。組織の一員としてではなく人生の1ステージとしてみる

昨今、問題になっている「メンタルヘルス」の問題もそうですが、「目標」というと、社内におけるポジションや会社の経営目標から見てどうかという「目標」を立てさせます。かつてのように、終身雇用が約束され、全員がこの会社に一生いるだろうという状況であれば、成立したかもしれません。

しかしながら、現在では、この会社に一生いると思っている社員は少ないでしょう。そんな中で会社内のポジションを目標にしても、それは本心ではないケースがあります。かといって、マネージャーとしての立場上、部下に本心を聞き出すのも難しく、また部下もなかなか話さないでしょう。

部下がどう考えていようと、人生における1ステージであることは間違いありません。その視点から目標設定を手伝ってあげることで、本当の意味での目標を立てることができる可能性が出てきます。本当に懐が広く、部下からも信頼をされていれば、本心を打ち明けてくれるでしょう。その場合には、社内での公式な目標とは別にその裏側にある本当の目標を部下と設定ができれば、この上なく部下は成果を出してくれると思います。

 

プレイングマネージャーにおすすめの本

ただ、上司も大して給料変わらないし、昨今では、プレイングマネージャーが多いなかでなかなかそこまでの覚悟を持つことは難しいと感じます。私自身、そうでした。その時に、出会った本が、田坂広志氏の著作のなぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」となぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得です。

すごくばっくり言うと、上司は部下の人生を預かっているということが書かれています。また、そのことがきちんと理解できるように書かれています。私個人は、この本のおかげで、マネジメントレベルが数段上がったと実感しましたし、成果にもつながりましたので紹介させていただきます。

>>Amazonでなぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」の書籍ページを見る

もう一冊は「なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得」です。こちらは少し読み応えのあるボリュームになっていますが、その価値は十分にあります。すごくばっくりと言うと、指示をして部下を動かすことには限界があり、目標を見せて自発的に動かすにはどうしたら良いかといことが掛かれています。12の心得とありますが、1つ1つが1講義レベルの充実感があります。12講義分の内容になりますので、非常に充実しています。読むのには当然のことながら12講義分の時間は不要ですが、本当に理解していくためにはそれくらいの時間が必要かもしれません。

>>Amazonでなぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得の書籍ページを見る

ここまで書いて、過去の投稿を見返したら、ほとんど同じことを2か月前に書いていました。。。でも、せっかく書いたのでアップしておきます。。。

 

 

この投稿を読んだ人が関心のある記事

>>マネジメント力を身につけたければ自分にとっての理想の上司を目指せ

>>部下の人生に責任を負う

当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ

-就職・転職・出世コラム
-,

おすすめ記事

コワーキングスペースで仕事をしてみる 1
自宅作業は孤独すぎるので、コワーキングスペースで仕事をしてみた。

私は自宅でネットショップを運営しています。昨年までは商品の在庫も自宅に保管をして ...

倉庫会社の配送代行に委託する 2
発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷 ...

ネットショップも多店舗展開 3
ネットショップも多店舗展開で売上アップが基本

ネットショップの売上アップには、さまざまな方法があります。商品数の増加、広告費の ...

研修、勉強会が多い会社は要注意かも 4
転職者が希望する研修・勉強会が充実という会社は要注意?

会社において若い人が辞める理由の一つに実務やOFF-JTばかりで研修・勉強会がな ...

大手、有名企業に行けば幸せなのか 5
大手企業、有名企業に行ったからと言って幸せかどうかはわからない。

暇つぶしにネットでまとめサイトをみているとこんなまとめがありました。 大手にいっ ...