ZAPの雑記帳

月商300万円のネットショップオーナー・元ベンチャー企業幹部などさまざまな経験を持つ管理人がネットショップ、就職、転職などについて思うことをまとめています。

労働環境・ブラック企業 就職・転職・出世コラム

非正規雇用から正社員になる方法

2016/12/20

seisyain

正社員になれないワーキングプアの問題、中年フリーターの問題がテレビ等のマスコミで取り上げられるケースが多いですが、非正規雇用が増え、正社員になれないのは政治の責任だとか、与党の問題だという結論が多い気がしています。確かに非正規雇用が増えたということについては「小泉構造改革」が一つの要因ですが、それ以前から非正規雇用は増えており、当時の経済状況として企業は新規に正社員を採用する余力がある状態では無く、非正規雇用を増やすという方法で経営を立て直すきっかけが必要であり、一方で雇用側も失業よりはましな状態を確保できる必要があったとも言えます。

というようにマクロで見た場合には、政治の責任という考え方もありますが、個々人でそれを言っても解決しないので、マスコミが言わない非正規雇用から正社員になる方法を紹介します。

ちなみに賛否あるかもしれませんが、実体験に基づいています。



マスコミが言わない非正規雇用、非正規社員から正社員になる方法

まず、大前提として、なぜ非正規雇用から正社員に採用されないということから知ってもらう必要があります。

 

正社員として雇用されるには、スキルや経験ではなく、元正社員という肩書きが必要

おいおい正社員になれないと言ってるのに元正社員という肩書きなんて何を言ってるんだと思われそうですが、まずは読んでください。

よくスキルや経験が無いから正社員になれないと言いますが、正しいようで正しくありません。別の話で、正社員と同じ仕事をしてきたのにそれが評価されないという話もあります。

採用担当の立場になってみてください。

採用担当と言ってもサラリーマンです。採用した人が活躍してくれなければ責任が問われます。でも、面接で判断できることって限りがあります。なので、後から言い訳ができるようにリスクヘッジをするのです。

お前が採用した元フリーターの○○は全然使えないよ!だからフリーターなんか採用するなって言っただろ

って言われることを避けたいわけです。

また、別の視点では、

他社が正社員として採用していた人材であれば正社員として成果を出す能力があると認められていた

とも考えるわけです。

そんな理由があって、応募者全員の経歴が非正規ということはありませんので、正社員から採用するわけです。

 

ブラック企業でも構わないから正社員という肩書きを手に入れる

では、どうするのかというと、結論から言うと、いわゆるブラック企業へ入社するということです。ブラック企業の良い点は採用してもらいやすいという点です。 一度、正社員になってしまい、1年以上(できれば3年)頑張ってください。そうすれば、希望する会社への転職確率は非常に上がります。

ラック企業に入社しろとか何を言ってるんだ

と言われそうですが、少し厳しく言うと

一度、正社員というレールから外れてしまったのだから、
レールに戻るのは他の人以上の努力がいることを覚悟してください。

現在、非正規で正社員になりたいのになれないという人がその状況に置かれた理由はさまざまだと思いますが、学校を卒業してからずっと正社員の人と同じ努力ではダメなんだと自覚する必要があると思います。

何も他人に言ってるだけではありません。冒頭に書いたとおり、私も経験しています。

ちなみに

 

ブラック企業経験者は、一般企業の採用で好感を持たれるケースが多い

ブラック企業に就職する意外な効用として、ブラック企業出身者というのは採用側で好感をもたれるケースが多いです。特に有名ブラック企業の場合には採用企業側もそのことを認知していますので、そういった企業で働いていた経験があれば当社なら大丈夫だろうと思われるケース多いです。また、ブラック企業と言えども特に営業職などの場合には社会人マナーなどにうるさい会社も多くそういったことが身についていると評価されるケースもあります。

注意点は、ブラック企業といってもいろいろあるということです。正社員にしてくれる約束だったのに、してもらえなかったというようなレベルであれば意味がありませんし、せめて何かの力は身に着けたいものです。

ですので、企業選びはしっかりする必要があります。直接、企業名を出せませんが、個人的には、新興企業ではなく比較的長く存続している企業を選んだ方がよいと思います。なんだかんだと言って、それだけ企業を存在させる力があるということですし、また、事前に情報が入手しやすく、判断材料もお送ります。

3年間だけと決めれば頑張れることもあるのではないだろうか。

余談ですが、たまたまTVで、PL学園の野球部や、宝塚音楽学校の先輩・後輩の上下関係を暴露するという番組をみました。どちらも1年生の時には、ほとんど睡眠もとれず奴隷のようだったという話です。聞いていて、そこらのブラック企業の方がましだと思うような内容でした。それでも、目標とその期間には終わりがあるということがあるから耐えれるのではないかと思いました。体を壊してしまうと元も子もありませんが、どうしても今の状況から脱け出したいのであれば、覚悟をもって、3年頑張ってみれば道は開ける可能性があるのではないでしょうか。

 

当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ

-労働環境・ブラック企業, 就職・転職・出世コラム
-, , ,

おすすめ記事

コワーキングスペースで仕事をしてみる 1
自宅作業は孤独すぎるので、コワーキングスペースで仕事をしてみた。

私は自宅でネットショップを運営しています。昨年までは商品の在庫も自宅に保管をして ...

倉庫会社の配送代行に委託する 2
発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷 ...

ネットショップも多店舗展開 3
ネットショップも多店舗展開で売上アップが基本

ネットショップの売上アップには、さまざまな方法があります。商品数の増加、広告費の ...

研修、勉強会が多い会社は要注意かも 4
転職者が希望する研修・勉強会が充実という会社は要注意?

会社において若い人が辞める理由の一つに実務やOFF-JTばかりで研修・勉強会がな ...

大手、有名企業に行けば幸せなのか 5
大手企業、有名企業に行ったからと言って幸せかどうかはわからない。

暇つぶしにネットでまとめサイトをみているとこんなまとめがありました。 大手にいっ ...